アウトソーシングから、クラウドソーシングへ。CROWDビジネスで注文すれば1000万人が貴社の社員に。

CROWDビジネス

パッケージメニュー

CROWD文章作成サービスリニューアルキャンペーン

CROWDビジネスパッケージ消費者目線でのカテゴリ最適化

大量の商品( サービス) のコンテンツデータを保有する事業者にとって、カテゴリ分類は重要な要素です。商品に消費者の目線で適切なカテゴリが紐付いていないと、購入( 利用) 希望者や潜在顧客が求める商品へたどりつけず、機会損失による売上減少などのデメリットがあります。消費者目線でカテゴリを最適化することで、ユーザビリティーの向上と機会損失の低減、コンバージョン率の向上を図ります。

導入例(ECサイトにおける商品のカテゴリ最適化)

クライアント様の要望

自社の150万商品のカテゴリを見直し、コンバージョン率を上げたい。

カテゴリ最適化例

pic04-1

作業画面イメージ

pic04-2

アルバイトで実施した場合
納期
約100日
社内コスト
社員の目視チェック

 

ディレクション

 

採用費/人件費
CROWDで実施した場合
納期
約30日(67%短縮)
コスト
50%削減
効果
33%のズレを発見
コンバージョン率向上へ!

ポイント

  • 一般消費者でもある大量の会員がいるため、圧倒的スピードで消費者目線のカテゴリの最適化が可能 (大手ECサービス利用している会員数十万人以上あり)
  • 一商品(サービス)に対し、複数作業者でカテゴリ選択するため、データ精度が高い
  • 作業進捗の管理や作業依頼の最適化の仕組みで、納期厳守
  • 不真面目な作業者に作業をさせない、ノイズを極力除去する仕組みで品質向上

その他の活用事例

飲食店のカテゴリ分類

飲食系のメディアにおいて、消費者目線で飲食店のカテゴリを最適化します。

不動産のカテゴリ分類

不動産系のメディアにおいて、消費者目線で物件のカテゴリを最適化します。

ご用意いただく入稿データ

対象商品(サービス)を指定するデータ一覧

商品(サービス)名、画像、URLなど、様々なデータを入稿可能です。

カテゴリマスタ

カテゴリの内容やカテゴリ数、階層数は、自由に選択可能です。

入稿/納品サンプル

pic04-3

PAGE TOP