アウトソーシングから、クラウドソーシングへ。CROWDビジネスで注文すれば1000万人が貴社の社員に。

CROWDビジネス

パッケージメニュー

CROWD文章作成サービスリニューアルキャンペーン

CROWDビジネスパッケージテレアポ代行『CROWDアウトバウンド』

厳選されたテレフォンアポインターが、御社サービスの営業を代行(電話営業代行)します。
※最短翌日から稼働可能

コールセンター事業の重要性

国内BPO全体の市場規模は、2019年度には4兆円越、その内コールセンターの市場規模は、2017年度8,637億円になると予測されております。

 

コールセンター市場は、大きく分けて2つに分類されます。

 

電話を使って営業活動を行う「テレアポ」と、主にカスタマーサポートで電話を受信しオペレーションを行う「テレオペ」です。

 

テレオペ業務はお客様の機密情報を取り扱うケースが多く、なかなか外注が難しい分野です。一方、テレアポ業務は機密情報を取り扱う機会が比較的少なく、仕組みを整えることで外注が可能です。

 

こうした背景から、営業代行サービスの一環として、テレアポ代行を行っている企業が多数存在し、たくさんの企業から依頼を受けています。

テレアポ活動の外注が増えている理由

テレアポの外注はコールセンター事業の成長を牽引しています。

 

テレアポ外注が増えている理由は、営業活動の複雑化により、営業を効率化する必要が発生しているからです。

 

近年国内需要の縮小、海外企業の参入など、企業をとりまく競争環境は一層厳しいものになってきています。

 

激しい競争に勝つためには、自社が取り組むべき本質的な戦略・戦術を練り、実践し続けることが大切です。

 

テレアポ活動は見込み客との接点を作る上で有効な手法の一つですが、多くの成長企業ではノンコア業務として外注対象になっています。

 

テレアポは専門の業者に任せ、コア業務である商談のみ自社の営業で行うケースが、成長企業の営業トレンドになりつつあるのです。

CROWDアウトバウンドの特徴

『CROWDアウトバウンド』は、そんなテレアポ代行の新世代といえる画期的なサービスです。在宅ワーカーを活用したテレアポ代行サービスで、サービス開始直後から多くのお引き合いをいただいております。

 

特徴1.多様な人材からお客様に適したワーカーをマッチング

弊社が抱える950万人の会員の中から、コールセンター経験者はもちろんのこと、営業・接客業務経験のあるワーカーをアサインいたします。コールセンターと比較し、稼働開始までの時間が短い点(最短契約翌日)もお客様から選ばれる理由になっております。

 

特徴2.コールセンター同等のセキュリティ担保

業界最大手・安心のコラボス社クラウド型コールセンターシステムにより、在宅環境においてもコールセンターで利用される電話システムと同等の機能とセキュリティを担保致します。

 

 

コア業務に専念するために、次世代型テレアポ代行『CROWDアウトバウンド』をご検討してみるのはいかがでしょうか。

 

まずは、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

PAGE TOP